Let's Vitis(1) - Vitisとは?

VitisとはXilinx社のFPGA開発環境です。

これから2日おきペースぐらいでVitisを勉強していきたいと思います。

まずは開発環境を整えていきましょう。

筆者が使用しているOSはUbuntu 18.04.3 LTSです。

Vitisの現在リリースされているバージョンは2019.2です。

2019.2.1(Update 1)をダウンロードできますがRFSoCを有効にしているだけのようですのでほとんど人はインストールする必要がないでしょう。

ダウンロード

Xilinx社のWebページから次のメニューを辿って、ダウンロードします。

Support → Downloads & Licensing

ダウンロードするにはユーザー登録が必要なので登録してからダウンロードします。

ダウンロードページを見ると5つのタブが有ります。

Vivado(HW Developer)

VivadoはVerilog HDLやVHDL、または高位合成を使用してFPGAを開発していくツールです。

Vitis(SW Developer)

Vitisはソフトウェア言語でFPGAを開発するツールです。

2019.1のときはVivado SDKとSDx(SDSoCとSDAccel)があったのですがこれらが統合されました。

今回のターゲットはコレです。

Vitis Edge Platform

Vitis用のPlatformプロジェクトです。

Xilinx社で販売されている評価ボードのPlatformが用意されています。

PetaLinux

Yocto ProjectをベースとしたZynq-7000、ZynqMPSoC、MicroBlaze向けの組込みLinuxディストリビューションを構築するフレームワークです。

Device Models

Device ModelsはBSDLモデルをダウンロードすることができます。

BSDLはBoundary Scan Description Languageの略でピンの記述やI/Oピンが記述されたものです。

バウンダリ・スキャン・テスを作成する場合に使用されます。

インストール

ダウンロードできたらインストールするだけです。

インストールが完了するとインストール先に次のディレクトリを確認できます。

筆者のインストール先は/opt/Xilinxです。

/opt/Xilinx/DocNav /opt/Xilinx/Vitis /opt/Xilinx/Vivado /opt/Xilinx/xic

Boardfile

Boardfileとは評価ボードで必要なデバイスの設定やピン配置などがあらかじめ定義づけされているテンプレートです。

Boardfileをインストールしておくと最初からプロジェクトを構築する場合に便利です。

ダウンロードしたBoardfileは次のディレクトリにコピーします。

[インストールしたディレクトリ名]/Vivado/[バージョン]/data/boards/board_files/

私の場合は/opt/Xilinxにインストールするのでインストール先は/opt/Xilinx/Vivado/2019.2/data/boards/board_files/です。

使用する前に環境設定

Vitisを使用する場合は次のように環境設定を行います。

$ source /opt/Xilinx/Vitis/2019.2/settings64.sh

Vivadoのみを使用する場合は次の様の環境設定を行います。

$ source /opt/Xilinx/Vivado/2019.2/settings64.sh

Vitisの起動

Vitisの起動は次のように実行します。

$ vitis

こんなウィンドウが立ち上がるでしょう。

Vitis

次回予告

次回は「Vitisの使い方」を勉強しましょう。