Spresenseを入手

ちょっとしたEdge系創作物を作成したくてSpresenseを入手した。

Spresense

入手したのは次の3枚を2セットだ。

Spresenseを入手したもう一つの決め手があった。

それはOSににNuttxを使っていたことだった。

これがFreeRTOSなら完全に無視していただろう。

Nuttxの良いところは組込用OSとしてデバイスドライバも揃っているし、POSIX準拠もひとつだし、ソースコードが読みやすいということだ。

少なくともRTOSは読めなきゃ使えないというのが持論である。

さらに、SDKやSchematic、BOMなどの情報も充実しており、某苦労ボードのサイトに比べたら情報提供のスタンスが良い。

TutorialもSpresenseのWebサイトを見れば迷うことはないだろう。