ひでみのアイデア帳

くだらないことなんだけど、忘れないために・・・

SDSoCやってみたのはフィボナッチ

SDSoCをやってみたソースコードは次のフィボナッチのfibo()関数をFPGA化の対象にした。

#include <stdio.h>
#include "sds_lib.h"

int fibo(int a, int b)
{
    return a + b;
}

int main(int argc, char **argv)
{
    int a, b, z;
    int i;

    a = 0;
    b = 1;
    z = 0;

    for(i = 0; i < 100; i++){
        z = fibo(a, b);
        a = b;
        b = z;
        printf("%4d + %4d = %4d\n", a, b, z);
    }

    return 0;
}

いや、まぁ、それだけ・・・

超苦労でターゲットのCPUはCortex-R5でベアメタルで組んでみたよ。