難しくなったMPSoCの上モノ

Zynq-7000だとLinuxまでの起動はFSBLからu-boot、Linuxへスムーズに起動できるのだが、MPSoCはFSBLからPMU F/Wを起動してATF、u-boot、LinuxとPMU F?WとATFの2つが追加になる。

それぞれ、次のアプリになるけど、アプチが追加される事自体は特に問題ない。

問題になるのはVivado 2017.4からこの辺りの均衡が崩れ始める。

FSBL、PMU F/W、ATF、u-boot、Linuxのバージョンである。

バージョンの監視方向が次のようになっている。

たぶん、これもあるはず・・・

PMU F/Wのバージョンがキーワードになる。

これをYocto rockoでビルドすると2017.3相当の環境が出来上がり、MPSoCが起動できない環境あできあがる。

これ、ソースコードをデバッグモードで作らなきゃわからなかったよ。