ひでみのアイデア帳

くだらないことなんだけど、忘れないために・・・

Freedom

Freedomのビルドは一昨日の方法ではなく、次のようにMCSファイルを作成するとVivadoを実行するそうだ。

$ make -f Makefile.e300artydevkit mcs

これでMCSファイルができるのでArtyに書き込めということらしい。

上記のmakeを参考にVivadoをするのは下記のようになる。

VSRC_TOP=/home/h-ishihara/workspace/freedom/freedom/builds/e300artydevkit/sifive.freedom.everywhere.e300artydevkit.E300ArtyDevKitConfig.v EXTRA_VSRCS="/home/h-ishihara/workspace/freedom/freedom/rocket-chip/vsrc/AsyncResetReg.v /home/h-ishihara/workspace/freedom/freedom/rocket-chip/vsrc/DebugTransportModuleJtag.v /home/h-ishihara/workspace/freedom/freedom/sifive-blocks/vsrc/SRLatch.v" make