ひでみのアイデア帳

くだらないことなんだけど、忘れないために・・・

USBメモリにUbuntu

SanDiskのUSBメモリ32GB(USB3.0)にUbuntu 16.04LTSをインストールした。

主にデモ向けだがUSB起動できるPCで簡単にUbuntuを使用できるようにUSBメモリ起動の環境でどこまでできるか確認してみた。 今までに展示会とかでGetした8GBや16GBのUSBメモリにUbuntuをインストールしてみて試した時は重くて使い物にならないなぁと思ったんだけど、今回使用したSanDiskのUSBメモリだけど、USB3.0なんだけど、USB2.0で使っても読み込み速度も良くてUSBメモリ起動でrootfsをUSBメモリに置いても軽く使うことができた。

これなら、デモだけでなく実用レベルで出張用として環境を作れる可能性がある。 今のところ、32GBにUbnutu+Vivado+Yoctoとすると容量不足になるので、64GBか128GBにすると丸々、環境をUSBメモリに入れられそうな気がする。