ひでみのアイデア帳

くだらないことなんだけど、忘れないために・・・

IP-XACTファイルの差

Xilinx IPのIP-XACTの要素は主に下記のもの。

vendor

library

name

version

busInterface

model

choices

fileSets

description

parameters

vendorExtensions

これに対して、verilog2ipxactの出力要素は下記のもの。

name

model

fileSets

description

つまり、必要なものを追加すればVIVADOでも使えるものになるということですな。