ひでみのアイデア帳

くだらないことなんだけど、忘れないために・・・

Vivadoの不具合?

Vivado 2013.2を使ってZedBoardのbitファイルを生成するところまで進めようとしているけど、SynthesisでLicense Errorが発生。

よく見てみると、"Manage Xilinx Licenses"でNIC IDが"000000000000"となっている。

ライセンスはNICのMACアドレスで取っているのでこれが"000000000000"だとすると、ライセンス認識されないということではないか!

Fedora 19ではデフォルトのI/F名が"enp2s0"となっていて今までの"eth0"と違う形になっている。

これが原因かな?

せっかく、スクリーンショットの取り溜めしてたのに・・・

思わぬところでひっかかってしまった。

【追記】

下図のようにライセンスエラーが発生していた。

Xilinxのライセンス情報を変更することで新しいライセンスファイルができたのでなんとかSynthesisを進めることができた。

![](./files/835771165364776.png" width="480)