ひでみのアイデア帳

くだらないことなんだけど、忘れないために・・・

Vivado 2013.1(さらに続き)

VivadoでPLの回路の無いbitファイルを作成して、ZedBoardが起動することを確認してみよう。ARMを起動するだけならPL部分が有るとか無しとか関係ないはずだからね。

がぁ〜ん、Vivadoだけだとbootgenが入ってない。

つまり、BOOT.binが作れないと・・・

ISEの時はISEの下にあったやぁ〜ん!!!

もしかして、VivadoからBOOT.binを作るプログラムが違うとか・・・

どこまで、腐敗状態なんだろう?>Xilinx

ひとまず、古いISEが別のHDDに残っていたのでそれでBOOT.binを作成した。

まぁ、普通に動作するわなぁ。